今シーズン最後の水菜の種まき

ガーデンのちっちゃな畑も近頃で月収眼。
これまで蒔いた葉産物野菜5成分(ほうれん草 小かぶ 宮内菜 小松菜 水菜)の中で、最も早く大きくなり、丈夫で美味しかった水菜の成分を追加で蒔いて見ることにした。
暖地では11月下時期まで蒔けるそうだが、こちら関東では立冬の今頃がフィニッシュかなとおもう。
月収前に蒔いた水菜は20cm身の丈ほどになっていた。
新鮮な若葉を間引きながら食べているけれど、水やりも、これといった用心も何もしていない。場植えの手軽さに驚いた。
成分は1㎜ほどでまん丸っこい。
それを堂々格差を置きたグラウンドにざっと2cm間隔で落として行く。
ようやく成分を蒔いたときは等間隔に蒔くのが不便に思ったけれど、芽が出た状態、のんびり育って出向く状態、鮮やかな緑が1列に並んでいる氏が良かった。
淡くグラウンドをかけ、思い切り足で踏む。水も終わる。これが大事なタイミングらしき。
最初にニュースで読んだときは驚いた。
成分はベビーで、手厚く布団をかけるようにグラウンドを乗せて思いっきり水をやるものだとしていたから。
とことん踏むのは、成分をグラウンドといったとっくり広める結果。
水をやらないのは、その後深くものすごく育つように、成分自身の根をしっかりきつく張らせる結果。
成分の秘めるアビリティーはもの凄く。
和やかで便利なストリートの家計に皆目だったので、山のゆっくりした循環や、静寂すぎる周囲の状態で自分だけがまったくあくせくしているような考えだった。
それでもそうして心を込めて、成分をつまんで蒔いていると、大事のみずみずしさが少しずつ自分にも染み込んで生じるようだ。
少しずつ私も、自分の大事を力一杯って生きられるようになりたい。
また成分が芽を鳴らすお天道様が長所です。